社会保険労務士法人 日本中央社会保険労務士事務所

労働問題のご相談、労使トラブルのご相談なら 東京都 港区の社会保険労務士 内海正人

就業規則と法律のギャップ


2008年9月25日  投稿者:社会保険労務士 内海 正人


おはようございます、カリスマ社会保険労務士の内海です。

いつもありがとうございます。

 

今日の1分セミナーは

「就業規則と法律のギャップ」をお伝えします。


当然ですが、「就業規則 = 会社のルール」です。


しかし、「就業規則」と「法律のギャップ」が

【多くの会社】で起こっています。


では、これはどんなギャップなのでしょうか?


例えば、退職日を挙げてみましょう。

就業規則では、

「退職は退職日の30日前までに伝えて下さい」

となっていることが多いです。


しかし、法律(民法)では

「退職日の2週間前までに退職の意思表示をすればOK」

となっています。


だから、法的には「2週間前までの意思表示」でOKです。

しかし、現実的に2週間では

○ 後任の人事、採用が難しい

○ 引継ぎが難しい

などの支障があります。

結果、就業規則では「現実的な30日前」を基準にしているのです。


この場合ですが、【法的には】2週間前までが有効です。

当然ですが、裁判などになれば法律が優先されます。


しかし、一般的には「現実的な30日前」が【容認】されています。

業種により、もっと長期間が設定されている場合もあります。

つまり、多くの会社の就業規則は「民法に則していない」のです。

 

それから、別の例を挙げましょう。

入社時の書類についても同じです。


就業規則では

「入社後10日以内に書類を提出すること」

となっている場合もあります。


しかし、法律(健康保険法、厚生年金保険法)では

社会保険は「入社から5日以内」に加入の手続きをしなければなりません。


これを現実的に考え、

○ 法律上・・・5日以内

○ 実務上・・・10日以内(この場合は)

とし、一般的に【容認】されているのです。


つまり、この場合も就業規則が法律に則していないのです。

 

いずれの場合も「就業規則と法律のギャップ」が生じているのです。

ただ、就業規則の方が現実的な設定です。


だから、多くの会社で

「法律に則していないことが容認された就業規則」

を作っているのです。


むしろ、そうすることが現実的なのです。

しかし、市販されている就業規則の本は「法律に忠実」です。

というよりも、「法律の言葉」そのものが書かれています。


それは、あくまでも雛形だからなのです。

個別の事情を考慮せず、教科書的なのです。

もちろん、労働法に関しても「忠実に」守られ、非現実的になっています。


だから、「市販の雛形に社名を入れて使う = 非現実的な就業規則」

となってしまうのです。

 

もちろん、労働法は従業員を保護するための法律です。

しかし、何でもかんでもきっちり作ると、【経営の自由度】が落ちるのです。


また、労働法は「白か黒」で決められないことも沢山あります。

つまり、グレーゾーンの幅が広いのです。

この中で【現実的な落とし所】を決めなければなりません。


結果として、

○ 民法、健康保険法、労働法などの法律

○ 現実問題としての会社の自由度

を考慮して作らなければならないのです。


そうしないと、「役所に届けるための就業規則」となってしまいます。

 

10人以上の従業員がいる会社は

○ 就業規則を役所に届けることが「義務」

○ 就業規則を従業員に知らせることが「義務」

となっています。


皆さんの会社は大丈夫ですか?

法律と現実の両方に対応していますか。


法律は毎年のように変わります。

だから、会社のルールもそれに合わせて変えなければならないのです。

 

正直、このようなポイントをご存知ない方が多いのが現実です。

そのため、「就業規則の徹底対策セミナー」を行います。


具体的には、丸1日かけてこんなことを解説します。

○ 市販の雛形を使うなら、改訂すべきポイントとは?

○ グレーゾーンが「白か黒か」に分かれる基準とは? 

○ 会社が自由に作れること、そうでないことの基準とは?

○ 就業規則で会社の社風を作るポイントとは?

○ 就業規則における「名ばかり管理職」対策とは?


<セミナー詳細> 

日時:平成20年10月20日(月)

時間:午前10時~午後5時(開場9時30分)

場所:東京国際フォーラム(JR有楽町徒歩1分)

定員:33名

金額:15,750円

 

※ 参加証は代金引換郵便でお送りいたします。


※ DVDの販売も致しますが、金額は「52,500円」です。


すぐに満席になることが予想されます。

早めにお申し込み下さい。

お申込は → ※お申込みは締め切らせて頂きました。

 

--------------------------------------------------------------------
(株)日本中央会計事務所・日本中央社会保険労務士事務所
取締役・社労士 内海正人(うつみまさと)
住所:東京都港区西新橋1-16-5コニシビル4階
電話:03-3539-3047

○顧問契約、単発のご相談(就業規則、雇用契約書など)のお問合せ
https://www.roumu55.com/komon.html
--------------------------------------------------------------------

●ご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。
http://www.success-idea.com/magazine/


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。 http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。


また、この内容は掲載日現在の法令や通達などに基づいておりますので、

ご注意ください。


いじめを繰り返す社員を解雇できますか?  |  社員が病気の場合、いつまで休職できるのか?

無料でダウンロード

94%の会社が陥る
思わぬ組織の落とし穴!

『組織・人事の解決ノート』

組織・人事の解決ノート

下記にご入力頂ければ、無料レポートをお送り致します。

●お名前:

●メールアドレス:

解雇
社会保険
就業規則
労働時間
労使トラブル
その他
ノウハウを検索
弊社の運営するサイト


TOPお読み頂いた方の声お申し込みよくある質問事業理念事務所概要セミナー実績
ノウハウ |プライバシーポリシー特定商取引に関する法律に基づく表示

 私はチーム・マイナス6%です

 

社会保険労務士法人 日本中央社会保険労務士事務所
社会保険労務士 内海正人

〒105-0003 東京都港区西新橋1-16-5 コニシビル4F
TEL 03-3539-3047 FAX 03-3539-3048
E-mail utsumi@j-central.jp