社会保険労務士法人 日本中央社会保険労務士事務所

労働問題のご相談、労使トラブルのご相談なら 東京都 港区の社会保険労務士 内海正人

社員がうつ病になった場合の対処法とは?


2009年5月28日  投稿者:社会保険労務士 内海 正人


おはようございます、カリスマ社会保険労務士の内海です。

いつもありがとうございます。

 

実は、私は「まぐまぐ」からもメルマガを発行しております。

題名は「もうかる会社の組織とは?」です。


今、お読み頂いているこのメルマガでは、

労務に関するテーマを取り上げています。


まぐまぐからのメルマガでは「強い組織の作り方」をお伝えしています。

どうぞ、ご登録下さい。

http://www.soshiki.biz/magazine/

 

では、今日の1分セミナーは

「社員がうつ病になった場合の対処法とは?」をお伝えします。


うつ病などの「心の病」が増えています。

そして、これによる労災申請も【5年前の約3倍】になっています。


実際に、私のところにも

○ 社員がうつ病になったら、休ませてもOKなのか?

○ 解雇できるのか?

○ 具体的な対処法は?

などのご質問がよくあります。

 

まず、うつ病などを理由に解雇にすることはできません。

これは体の病気であれ、心の病気であれ、同じです。

つまり、病気は解雇理由にならないのです。


しかし、実際には解雇になる場合もあります。

それは病気が理由ではなく、「働くことが続けられないから」です。


例えば、就業規則の解雇理由に

「精神または身体の故障のため、引き続き業務ができないとき」

と記載されていたとします。

この場合は「業務の継続不可 = 解雇OK」なのです。

 

しかし、現実として、その判定が微妙なこともよくあります。

実際、私が見た医師の診断書にも「うつ症状」、「気分障害」と

記載されていました。


つまり、具体的な病名を特定しきれないことがあるのです。

だから、会社側は就業規則に記載されている「精神の故障」を

証明することが難しいのです。


そのため、会社は病名を特定するために

産業医などに診断を依頼する場合があります。


しかし、多くの産業医などは「専門外」です。

なぜならば、内科や外科の医師が産業医である場合もあるので、

「心の病」は専門外だからです。


もちろん、病名はともかく、業務が滞っていれば解雇はOKです。


しかし、この場合は「証拠集め」が必要です。

ただし、病名が特定できないことも多いため、

「心の病気であることが証拠になりにくい」のです。


だから、「業務が滞っている事実、データ」を

記録として残す必要があります。

これを証拠として、「法的に解雇OK」となる場合もあるでしょう。

 

さらに、こんな方法もあります。

それは

(1)心の病が原因らしく、業務が滞る

(2)一旦、休職させる(就業規則に定めた休職期間あり)

(3)休職期間が終了しても、復帰できない

(4)復帰できないなら、解雇OK

という場合です。


この旨を就業規則に書いておくのです。

つまり、「休職期間を定め、復職できなければ解雇OK」と記載するのです。

これを定めてあれば、法的に問題ありません。


例えば、「休職期間を6ヶ月」とします。

なお、この期間は会社が自由に決められます。

そして、6ヶ月後に復帰できなければ、解雇OKということです。

 

それから、就業規則には次のこと【も】盛り込む必要があります。

それは

○ 同じ理由で休職させる場合、前後の期間を通算する

→ 再発時の対応を決め、休職を繰り返すことを防止


○ 休職期間は勤続年数に含めない

→ 退職金等の計算に影響

→ 休職期間を勤続年数に含めてもOK


○ 休職期間中は無給とする

→ この期間の給与の支払いを明確にする 

などです。


大原則が定めてあっても、こういう細かい部分が抜けていると、

結果として問題が大きくなってしまうのです。

 

皆さんの会社の就業規則には、こういう詳細は記載されていますか?

「心の病」は治る病気ですが、再発が多いことも事実です。

また、休職の場合はお金の問題等もからんできます。


だから、ここまで盛り込む必要があるのです。

しかし、「うちの会社は大丈夫」と考えている人が多いのも事実です。


今回のインフルエンザと同じで

「危機が目の前に来ないと、人間は行動しない」のです。


だから、何かあった場合には大きな問題になるのです。     

特に「心の病 = 即解雇」とはできません。


大切なことは「休職の規定とリンクさせ、対応する」ということです。

この部分だけでも、早急に見直して下さいね。 

 

--------------------------------------------------------------------
(株)日本中央会計事務所・日本中央社会保険労務士事務所
取締役・社労士 内海正人(うつみまさと)
住所:東京都港区西新橋1-16-5コニシビル4階
電話:03-3539-3047

○顧問契約、単発のご相談(就業規則、雇用契約書など)のお問合せ
https://www.roumu55.com/komon.html
--------------------------------------------------------------------

●ご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。
http://www.success-idea.com/magazine/


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。 http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。


また、この内容は掲載日現在の法令や通達などに基づいておりますので、

ご注意ください。


新型インフルエンザの対策について  |  社員の肩たたきのやり方について

無料でダウンロード

94%の会社が陥る
思わぬ組織の落とし穴!

『組織・人事の解決ノート』

組織・人事の解決ノート

下記にご入力頂ければ、無料レポートをお送り致します。

●お名前:

●メールアドレス:

解雇
社会保険
就業規則
労働時間
労使トラブル
その他
ノウハウを検索
弊社の運営するサイト


TOPお読み頂いた方の声お申し込みよくある質問事業理念事務所概要セミナー実績
ノウハウ |プライバシーポリシー特定商取引に関する法律に基づく表示

 私はチーム・マイナス6%です

 

社会保険労務士法人 日本中央社会保険労務士事務所
社会保険労務士 内海正人

〒105-0003 東京都港区西新橋1-16-5 コニシビル4F
TEL 03-3539-3047 FAX 03-3539-3048
E-mail utsumi@j-central.jp