社会保険労務士法人 日本中央社会保険労務士事務所

労働問題のご相談、労使トラブルのご相談なら 東京都 港区の社会保険労務士 内海正人

喫煙についてのクレームがあったら・・・


2013年5月30日  投稿者:社会保険労務士 内海 正人


おはようございます、カリスマ社会保険労務士の内海です。

いつもありがとうございます。

 

今回は「喫煙についてのクレームがあったら・・・」を解説します。


先日、セミナーの時にご相談がありました。


それは

○ 事務所内で喫煙可としているが、クレームがあるので、禁煙にしたい

○ 喫煙時間が長い社員がいるので、給料を減額したい

ということです。


タバコの煙の問題は、何年も前からありましたが、

特に厳しくなったのは平成15年5月の健康増進法の施行からです。


この法律の25条は以下となっています。

--------------------------------------------------------------------
受動喫煙の防止

第25条 学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、

事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する

者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環

境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)を防止するた

めに必要な措置を講ずるように努めなければならない。
-------------------------------------------------------------------- 

ただし、この条文は「努力義務」が定められているだけで、

罰則はありません。


しかし、この法律を受けて、同じ時期に厚生労働省が

「職場における喫煙対策のためのガイドライン」を発表しました。


これによると「事業場の全面禁煙か、分煙が望ましい」とされています。


実際に「タバコの煙で健康を害した」として裁判になった例があります。


<江戸川区(受動喫煙賠償)事件 東京地裁 平成16年7月12日>


○ 職員が目やのどの痛みを感じたため、上司に分煙措置を要望したが、

  聞き入れられなかった

○ 配属が変わり、席も喫煙場所からもっとも遠いところへ指定されたが、

  分煙にはならなかった

○ 職員は特別区人事委員会に禁煙・分煙の措置要求を行ったが、

  却下された

○ 安全配慮義務違反として、国家賠償法に基づく医療費と慰謝料を請求


そして、裁判所は以下の判断を行ったのです。


○ 受動喫煙による肺ガンリスク等を肯定

○ しかし、区役所はそれなりの分煙は図られていたと判断

○ 精神的・肉体的苦痛に対する慰謝料の支払い(5万円)を区に命じた


また、神奈中ハイヤー事件(東京高裁 平成18年10月11日)でも、

安全配慮義務の観点から「受動喫煙防止は必要」とされたのです。

 


では、勤務時間中の喫煙を禁止することができるかをみてみましょう。


まず、社員は労働契約で「職務を誠実に遂行すべき義務」を有しています。


だから、就業時間中は職務に専念し、

私的な行為は差し控えなければなりません。


これを「職務専念義務」といい、喫煙行為はこれに反すると考えられます。


しかし、多くの就業規則では「職務に専念すること」の記載はありますが、

具体的な喫煙禁止の旨は記載されていないでしょう。


喫煙禁止を実施するならば、この規定を記載し、

より明確に社員へ注意喚起する必要があります。


具体的には以下となります。

--------------------------------------------------------------------
第○条

社員は、勤務時間中は喫煙をしてはならない。

2.社員は勤務時間外であっても、会社の敷地内で喫煙してはならない
--------------------------------------------------------------------


また、全面禁煙ではなく、分煙の規定は以下となります。

--------------------------------------------------------------------
第○条

社員は、勤務時間、休憩時間を除いて喫煙してはならない。

2.社員は、会社敷地内では喫煙室以外の場所で喫煙してはならない
--------------------------------------------------------------------


このように最初は就業規則の整備を行い、

ルールとして禁煙、分煙を徹底しましょう。

 


次に「喫煙している時間分の給料の減額が可能か?」を

みてみましょう。


これについては昨年秋に報道(産経新聞 平成24年10月23日)

されたものが参考となります。


「敷地内が全面禁煙となっていた大阪府立高校で、勤務時間中に敷地外

で喫煙した教職員に対し、大阪府教育委員会が敷地外の喫煙時間は

労働時間に該当しないと判断し、この時間分の給料を返納させた」


このような判断がありますが、多くの会社では大目にみてきた、

というのが現実でしょう。


さらに、就業規則に禁煙規定もなく、いきなり「喫煙中の時間は減額」

としたら、労働条件の不利益変更に該当する可能性があります。


だから、最初にやるべきことは、

就業規則の改定前に喫煙者に理解を得ることです。


そして、就業規則の改定後は

○ 産業医等による禁煙指導

○ 禁煙治療の案内、サポート等

○ 禁煙手当の支給

などを実施しましょう。


結果として、就業規則に「就業時間中の喫煙は禁止する旨を書き、

上記の喫煙指導などを行ない、それでも就業時間中に喫煙する社員が

いた場合には、給与の減額が可能と考えられます。

 


それから、国の助成金制度である「受動喫煙防止対策助成金」

の活用も検討しましょう。


これは喫煙室設置の費用を助成するもので、

喫煙室設置前に労働局に交付申請をして手続きを行います。


なお、助成金の対象は「労災保険に加入している中小企業」

となっています。


また、交付額は上限200万円で、助成率は設置費用の2分の1です。


例えば、喫煙室設置工事の費用が150万円であれば、

助成金は75万円が支給されます。  


詳細な内容は以下をご参照ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000031xcl.html

 

このように「受動喫煙防止」については健康志向の強まりとともに、

会社としても無視できない問題となっています。


実際、セミナーでもご質問が出ましたし、

関心の高い部分かと思いますので、覚えておいて頂ければと思います。 

 

--------------------------------------------------------------------
(株)日本中央会計事務所・日本中央社会保険労務士事務所
取締役・社労士 内海正人(うつみまさと)
住所:東京都港区西新橋1-16-5コニシビル4階
電話:03-3539-3047

○顧問契約、単発のご相談(就業規則、雇用契約書など)のお問合せ
https://www.roumu55.com/komon.html
--------------------------------------------------------------------

●ご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。
http://www.success-idea.com/magazine/


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。 http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。


また、この内容は掲載日現在の法令や通達などに基づいておりますので、

ご注意ください。

 

■編集後記


先週の出張時の行きの飛行機から富士山が見えました。


山梨県側から、雲を突き抜けてその姿を見せてくれました。


さすが霊峰富士ですね。


世界遺産としても貫禄も!!


その写真をブログにアップいたしましたので、ご覧下さい。

http://ameblo.jp/utsumisr/entry-11540249521.html


社員が自殺してしまったら・・・  |  アルバイトをしている社員の処分は?

無料でダウンロード

94%の会社が陥る
思わぬ組織の落とし穴!

『組織・人事の解決ノート』

組織・人事の解決ノート

下記にご入力頂ければ、無料レポートをお送り致します。

●お名前:

●メールアドレス:

解雇
社会保険
就業規則
労働時間
労使トラブル
その他
ノウハウを検索
弊社の運営するサイト


TOPお読み頂いた方の声お申し込みよくある質問事業理念事務所概要セミナー実績
ノウハウ |プライバシーポリシー特定商取引に関する法律に基づく表示

 私はチーム・マイナス6%です

 

社会保険労務士法人 日本中央社会保険労務士事務所
社会保険労務士 内海正人

〒105-0003 東京都港区西新橋1-16-5 コニシビル4F
TEL 03-3539-3047 FAX 03-3539-3048
E-mail utsumi@j-central.jp