社会保険労務士法人 日本中央社会保険労務士事務所

労働問題のご相談、労使トラブルのご相談なら 東京都 港区の社会保険労務士 内海正人

【働き方改革への対応 】 は大丈夫でしょうか?


2018年9月12日  投稿者:社会保険労務士 内海 正人


おはようございます、社会保険労務士の内海です。

 

いつもありがとうございます。

 

 

最新労務セミナー「これからの労務管理と働き方改革に対する実務」

 

を開催します。

 

 

開催日時:10月12日(金)

 

開催時間14:00~16:30 (受付開始13:30)

 

講師 社会保険労務士 内海 正人

 

受講料:5,400円(税込)

 

 

詳細はこちら

 

 

https://roumu55.peatix.com//# 

 

※ セミナーは終了しました。

 

 

 

今、「働き方改革」についてのお問い合わせが多数、寄せられています。

 

 

働き方改革とは、「一億総活躍社会」を実現するため、非正規雇用労働者

 

の処遇改善や長時間労働の是正など、労働制度の抜本的な改革を行うもの

 

です。

 

 

政府が働き方改革を進める目的は、労働者が働きやすい環境を整備する

 

ことで、低迷する日本経済を立て直すことにあります。

 

 

「働き方改革」とは、日本の企業文化、日本人のライフスタイル、

 

日本の働くということに対する考え方そのものに着手する改革です。

 

 

 

働き方改革を行う目的は、一人ひとりの意思や能力、そして置かれた

 

個々の事情に応じた、多様で柔軟な働き方を選択可能とする社会を追求

 

する働き方改革を進めていくことです。

 

 

そして、ワーク・ライフ・バランスの実現、生産性の向上を

 

図っていくことです。

 

 

日本の労働環境には、長時間労働、「正規」「非正規」という2つの

 

働き方の不合理な処遇の差、子育てや介護等との両立、副業・兼業など

 

働き方の多様化など様々な課題があるのです。

 

 

 

 

さらに、労働生産性の向上を阻む多くの問題が存在します。

 

 

まずは、労働力人口の減少です。

 

 

人口減少社会に突入した日本では、それに伴い、労働力人口の減少が

 

問題になっています。

 

 

そして、人口推計をみる限り、今後も人口減少が大幅に改善することは

 

見込まれず、労働力人口を確保するためにはさらなる「働き方改革」が

 

必要となるのです。

 

 

 

 

 

また、日本では欧州諸国と比較して労働時間が長く、過労死

 

という言葉が英語辞書に(KAROUSHI)掲載されるほど、

 

長時間労働やストレスにより自殺、死亡する労働者が増えています。

 

 

労働基準法では、使用者は1日8時間、週40時間を超えて

 

労働させてはならないと定めていますが、労使協定(36協定)

 

で事実上、無制限に働かせることができてしまいます。

 

 

日本ではかつて「企業戦士」「モーレツ社員」という言葉が流行した

 

ように、サラリーマンは企業のためにすべてを犠牲にして労働すること

 

が美徳とされてきた企業文化があります

 

 

これに対し、欧州連合(EU)では「7日ごとの平均労働時間が、

 

時間外労働を含めて48時間を超えない」こととされており、

 

週8時間の残業しか許されません。

 

 

このため、日本や韓国、アメリカなどはEU諸国に比べると

 

長時間労働の割合が高くなっています。

 

 

「働き方改革」では、この長時間労働の是正を行うため、EU諸国の

 

ように時間外労働の上限を定め、罰則を設ける法改正を検討しています。

 

 

 

そして、来年4月から法律の改正も含めて「働き方改革」を取り組む

 

必要が大企業だけではなく、中小企業各社にもあるのです。

 

 

 

 

そのために「何を準備すればよいのか?」具体的な内容を伝えるために

 

セミナーを開催いたします。

 

 

最新労務セミナー「これからの労務管理と働き方改革に対する実務」

 

 

■本セミナーに参加すれば法改正に対応できます!

 

 

〇有給休暇取得義務化の対応は今から始めないと間に合わない理由を

 

知っていますか?

 

 

〇今回の改正により増加が予想される計画年休の斉一付与の取り扱いを

 

どうしますか?

 

 

〇時間外労働上限規制時代に求められる労働時間管理の具体的方法を

 

知っていますか?

 

 

〇健康確保措置など重要性を増す特別条項の運用をどうすればよいか

 

知っていますか?

 

 

一つでもわからなければ、ぜひご参加ください!

 

 

最新労務セミナー「これからの労務管理と働き方改革に対する実務」

 

開催日時:10月12日(金)

 

開催時間14:00~16:30 (受付開始13:30)

 

講師 社会保険労務士 内海 正人

 

受講料:5,400円(税込)

 

 

詳細はこちら

 

 

https://roumu55.peatix.com//#

 

 

 

---------------------------------------------------------------------

本記事の著作権は株式会社日本中央研修会に帰属しておりますので、

 

無断使用、無断転載を禁じます。

 

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

 

ご注意ください。

---------------------------------------------------------------------

 

--------------------------------------------------------------------

株式会社 日本中央研修会

社会保険労務士法人 日本中央社会保険労務士事務所

取締役・社労士 内海正人(うつみまさと)

住所:東京都港区西新橋1-16-5 コニシビル4階

電話:03-3539-3047

 

○顧問契約、単発のご相談(就業規則、雇用契約書など)のお問合せ

https://www.roumu55.com/komon.html

 

○当社の労務関連のDVD、マニュアルなどの商品一覧

http://www.success-idea.com/utsumi.html

--------------------------------------------------------------------

 

●ご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.roumu55.com/mm/

 

 

●恵まれない方のために

 

皆さんが1クリックすると

協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

 

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

 

私も毎日、ワンクリックしています。 http://www.dff.jp/

 

 

●本記事は専門的な内容を分かりやすくするため、

 

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

 

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

 

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

 

ついても、当社は賠償責任を負いません。

 

 

また、この内容は掲載日現在の法令や通達などに基づいておりますので、

 

ご注意ください。

 

 

 

■編集後記

 

 

来年のセミナー講師の依頼が来ました・・・。

 

 

1月開催とのことですが、手帳にかけません(笑)。

 

 

いつも、カレンダーは年末に購入していましたが、

 

今年は少し早めに買って、「予定を記載しないと」と思っています。

 

 

でも、今年も3ヵ月半ですね。

 

 

早い・・・(笑)。

 

 

絶賛発売中、「会社のやってはいけない!」

 

https://amzn.to/2v5BkyS


固定残業制度で残業時間が不明の場合は、残業代として認められるか?  |  正社員とパート社員で、通勤手当の差があるのは違法ですか?

無料でダウンロード

94%の会社が陥る
思わぬ組織の落とし穴!

『組織・人事の解決ノート』

組織・人事の解決ノート

下記にご入力頂ければ、無料レポートをお送り致します。

●お名前:

●メールアドレス:

解雇
社会保険
就業規則
労働時間
労使トラブル
その他
ノウハウを検索
弊社の運営するサイト


TOPお読み頂いた方の声お申し込みよくある質問事業理念事務所概要セミナー実績
ノウハウ |プライバシーポリシー特定商取引に関する法律に基づく表示

 私はチーム・マイナス6%です

 

社会保険労務士法人 日本中央社会保険労務士事務所
社会保険労務士 内海正人

〒105-0003 東京都港区西新橋1-16-5 コニシビル4F
TEL 03-3539-3047 FAX 03-3539-3048
E-mail utsumi@j-central.jp