労働問題のご相談、労使トラブルのご相談なら 東京都 港区の社会保険労務士 内海正人

労働時間のノウハウ一覧

仮眠の時間も労働時間ですか?

最近、世の中の流れは残業時間を縮小する方向に向かっています。大手広告代理店やロードサイドの飲食店に過重労働撲滅のメスが入り、その状況が大きく報道されています。 (続きを読む

(2016年11月 1日)

取締役にも残業代を支払わなければならないのですか?

「名ばかり管理職」という言葉は、労務管理においてすっかり定着した感があります。この言葉が知られるようになったのは「日本マクドナルド事件(東京地裁平成20年1月28日)」の影響が大きかったのです。 (続きを読む

(2016年9月20日)

残業時間はどちらでカウントするのか?

残業代の支払いに関するトラブルは相変わらず多く、「残業代の支払いを求めて、元社員が労働基準監督署に飛び込んだ」、「残業支払いの支払い請求の裁判が起こされた」などによるお問合せがあります。 (続きを読む

(2016年3月24日)

労働時間の認定方法

「社員が勝手に残業して困るのですが・・・」 このようなご相談はとても多いのが現実です。ただし、このメルマガでも何度も取り上げていますが、「勝手に残業したから、残業手当は支払いません」は通用しないのです。 (続きを読む

(2016年3月10日)

付加金の支払いが命令されたら?

付加金についてはこの記事で何回も取り上げましたが、今日はこの部分だけを解説します。付加金とは、会社が労働基準法に違反して「解雇予告手当」、「休業手当」、「残業手当」等を支払わなかった場合、支払わされる可能性があるものです。 (続きを読む

(2016年1月28日)

固定残業代の制度で気をつけるべきこと

この秋はマイナンバーのご相談が圧倒的に多いのですが、残業についてのご相談もかなりあります。この中でも固定残業制度に関するご質問がかなりの割合を占めています。なぜなら、固定残業制度が「法的に」有効となる要件がわからないという方が多いからです。 (続きを読む

(2015年11月 5日)

定額残業代が認められる場合、認められない場合

残業代につき、「一定の残業時間を想定し、定額の残業代を支払う」という制度を導入する会社が増えています。例えば、就業規則等で「1ヵ月あたり20時間分の残業をしたものとして、定額残業代3万円を支給する」と定めた場合、以下となります。 (続きを読む

(2015年8月 6日)

仮眠時間も労働時間?

先日、あるビル管理会社の社長から次の相談を受けました。同業者の会合に出席した時のことです。仮眠時間も時給を払わなければいけないと聞いたのですが、本当ですか? (続きを読む

(2015年7月16日)

残業の内容もチェックされます

未払い残業代の請求は今年になっても多くのご相談を頂いております。「数百万円の請求を受けた・・・」、「2年分の残業代の請求を受けた・・・」など、会社側の理解が不足している部分が多く、請求されたら、回避できる見込みが少ないのも事実です。 (続きを読む

(2015年6月18日)

取締役にも残業代が必要な場合があるのか?

管理職と残業の問題は切っても切り離せません。なぜなら、管理職は法的に残業代や休日出勤手当の支払いが免除されており、労働時間管理等も本人に任されているからです。 (続きを読む

(2015年5月28日)

残業時間のカウントの方法

未払い残業の請求について、今年になってもまだまだご相談の数は多く、収束する気配がありません。先日も「終業後30分ぐらい、毎日、事務作業をして帰宅する社員が退職したのですが、この元社員からこの時間の残業代を請求されました」というご相談をお受けしました。 (続きを読む

(2015年5月20日)

制服に着替える時間は労働時間か?

先日、次のご相談がありました。当社は就業にあたっては制服の着用を義務付けています。あるとき、始業時刻ギリギリに出社し、タイムカードを打ってから着替える社員がいたので、先に更衣を済ませてからタイムカードを打刻するように注意したら「更衣時間は早出残業になりますか?」と言われてしまいました。 (続きを読む

(2015年1月15日)

タイムカードと残業時間

時間管理のためにタイムカードを導入している会社は多くあります。そのため、労働基準監督署の調査などが入った場合、「タイムカードの時間を基に残業代などを計算しなさい」と言われたことがある会社も多いのではないでしょうか。 (続きを読む

(2014年12月 4日)

課長、店長に残業代は必要ない?

労働基準法で「管理監督者にあたれば、労働時間、休日及び休暇に関する規定は適用しない」となっています。これは管理監督者であれば、残業代の支払い、休日出勤手当の支払いが不要ということです。では、会社の中で「どんなポジションの社員」が管理監督者に該当するのでしょうか? (続きを読む

(2014年11月27日)

残業命令に必要なものとは?

今回は「残業命令に必要なものとは?」を解説します。 先日、ある社長からこんなご質問がありました。ある社員に残業してくれと頼んだら、「用事がある」と断られましたが、これは業務命令違反ですよね? 残業手当も適正に支払っていますが、この場合は懲戒処分が可能ですか? (続きを読む

(2014年11月20日)

残業時間のカウントについての新たな考え方

景気の回復で給料のベースアップや賞与のアップ等の話が今年の春から夏にかけて多かったのですが、未払い残業代の問題も根強く残っています。最近では大手エステ会社の社員が未払い残業について、労働基準監督署に訴えたら、社長から長時間にわたり詰問を受けた等の報道もありました。 (続きを読む

(2014年9月 4日)

残業はタイムカードの時刻を基準にすべきか?

残業に関するご質問は相変わらず多いですが、その中でも「タイムカードの時間が残業時間でしょうか?」というものがよくあります。 (続きを読む

(2014年2月13日)

無断で残業する社員への対応は?

年末年始にかなりの数の残業問題に関するご相談をお受けしました。具体的には、「必要もないのに勝手に居残りをして残業時間を申告している」、「「早く帰れ」と指示しているが、だらだらと残っている」... (続きを読む

(2014年1月 9日)

管理職と残業代の関係は?

年俸制を採用する会社は増えており、特に「管理職は年俸制を採用している」という会社は本当に多くなっています。 (続きを読む

(2013年10月24日)

管理職は残業代が免除されるのか?

残業問題に対するトラブルは常に多いですが、特に労働基準監督署の調査などでトラブルになりがちな部分が管理職の残業代についてです。 (続きを読む

(2013年7月25日)

固定残業制度のルール

残業に関するご質問は時期を問わず多く、たとえば、下記のようなご質問をよく頂きます。残業手当を基本給に組み込みたいが、どのようなルールが必要か? (続きを読む

(2013年6月20日)

長時間労働のリスクについて

長時間労働は残業代の問題も大きいですが、それ以上に問題なのは社員の健康の問題です。なぜなら、「長時間労働=労災」となる可能性が高いからです。 (続きを読む

(2013年1月17日)

携帯電話が休日に鳴ったら・・・

休日に携帯電話(会社名義)の電源を入れさせている場合、電源ONの時間も労働時間となってしまうのでしょうか? また、休日にお客様から携帯に電話があり、実際に対応した時間は労働時間に含まれるのでしょうか? (続きを読む

(2012年8月 7日)

管理職と残業代について

以前にこのメルマガでお伝えしましたが、一昨年から労働基準監督署の調査が約2倍に増えました。ここでよく問題となるのが管理職と残業代についてです。 (続きを読む

(2012年5月17日)

基本給に残業代を含める方法

「当社は残業代が基本給に含まれています」 こうお話しされる社長はよくいらっしゃいます。 (続きを読む

(2012年4月26日)

管理職が深夜残業しても、残業代は不要か?

「管理職には残業代と休日出勤手当は不要」ということは多くの方がご存知かと思います。なぜならば、「管理職には残業代等を支払わなくてもOK」と労働基準法に定められているからです。 (続きを読む

(2012年3月22日)

残業の基礎となる手当、ならない手当

お客様のところで給与関連の資料を拝見していると、多くの方が誤解されている点があります。それは、「残業代の算定基礎になる手当」と「ならない手当」の線引きです。 (続きを読む

(2012年3月15日)

支払う残業代が2倍になる?

残業代を法律どおりに支給していない会社は多いのですが、当然、これはリスクが高い状態で会社を運営していることになります。 (続きを読む

(2012年3月 8日)

社外での労働時間の取り扱い

先日、ある社長から次のご質問がありました。外回りの営業マンに関して、就業規則で「所定労働時間働いたとみなす」と書いておけば、残業代を払う必要はありませんよね??? (続きを読む

(2012年2月 9日)

定額残業制の注意点

多くの会社では残業が恒常化しています。そこで、あらかじめ残業代や休日手当などを一定額払うと定めておけば、清算事務が軽減されます。 (続きを読む

(2012年1月11日)

残業手当の計算について

私は様々な会社の給与規定、賃金台帳を拝見することが多いですが、その際に気付くことがあります。それは「残業手当の計算方法の間違い」です。 (続きを読む

(2011年11月17日)

休日に移動したら休日出勤か?

社員が出張する場合、「仕事は月曜日の朝から」、「出張先への移動は日曜日」となることがあります。この場合、「移動時間=労働時間」となるのしょうか? (続きを読む

(2011年9月29日)

ダラダラ残業を防止するには

多くの会社で「そんなに忙しくも無いのに社員が残業をしている」ということがあります。しかし、残業代の費用対効果を考えたら、効率よく仕事をし、定時に終わってもらうことがベストです。 (続きを読む

(2011年9月15日)

研修時間は残業になるのか?

先日、ある社長からご相談を頂きました。社員が昇進のため、「終業時間後に社内資料を閲覧し、勉強したい」と言ってきました。この場合の閲覧時間は残業になるのでしょうか? (続きを読む

(2011年8月11日)

労働時間を把握していないことはOKか?

中小企業の場合、労働基準監督署の調査を意識して、残業代の対策として、タイムカードを設置しない会社が多いのも事実です。 (続きを読む

(2011年7月21日)

ダラダラ残業の防止策

皆さんの会社では「仕事が終わっても、話をしていてなかなか帰らない」、「制服から「ゆっくり」着替えてから帰る」などの社員はいませんか? (続きを読む

(2011年6月30日)

残業代の未払いを指摘されたら・・・

最近、日本全国から「労働基準監督署の調査に対応して欲しい」というご依頼を頂きます。この春は各地の労働基準監督署で調査が活発に行われています。その中で一番多い問題は「残業代の未払いの指摘」についてです。 (続きを読む

(2011年5月19日)

早く帰らない社員にも残業代は必要か?

先日、ある会社(A社)が労働基準監督署の調査を受けました。そこで、社員の退社時間が問題となったのです。「定時以降も残っている社員が多いが、残業させているのでは?」と、労働基準監督官は指摘しました。 (続きを読む

(2011年3月10日)

休憩時間に関する注意点

皆さんの会社の休憩時間は何時から何時まででしょうか?一般的には12時から13時という会社が多いでしょう。 (続きを読む

(2011年3月 3日)

接待する時間も労働時間か?

最近、接待での飲食や接待ゴルフは以前より減っていますが、色々な会社で行なわれていることも事実です。この接待について、「接待の時間も労働時間ですか?」というご質問もよくあります。 (続きを読む

(2011年2月 3日)

勝手に残業して、残業代の請求があったら・・・

残業について考える場合、最初に確認すべきことがあります。それは「36協定」についてです。 (続きを読む

(2011年1月27日)

この時間は労働時間といえますか?

毎年の傾向なのですが、年末はハードなご質問が多い反面、年明けは基本的な質問が多い時期となります。その中でも多いのが「労働時間」についてです。 (続きを読む

(2011年1月20日)

年俸制の注意点

「給与を月給制から年俸制に変えたい」このようなご質問を頂く機会がよくあります。しかし、イメージだけでの知識で、年俸制の詳細をわかっていない社長がほとんどです。 (続きを読む

(2010年9月 2日)

どこからどこまでが労働時間なのか?

仕事中に「ぼーっ」としている時間。煙草を吸いに行っている時間。休憩室で休憩している時間。仕事をしている以上、アイドリング的な時間は必ずあり、100%手を動かしているわけではありません。 (続きを読む

(2010年2月17日)

意外と知らない休日の種類

「休日」と一口に言っても、実は下記の2つの種類があります。「会社が任意に決めた休日」と「労働基準法35条による休日」。しかし、これを勘違いしている会社も多く、残業代の計算が違っているケースもよく見受けられます。 (続きを読む

(2009年12月 3日)

フレックスタイム制は何時に出社してもОK?

フレックスタイム制は、「1ヶ月単位で」、「働く時間の総時間を決め」、「出社時刻、退社時刻を社員に任せる」という制度です。 (続きを読む

(2009年10月 8日)

営業マンにも残業代を支払うべきか?

「営業マンには営業手当を支払えば、残業代を払わなくてOK」 こう勘違いしている社長は沢山います。 (続きを読む

(2009年9月 3日)

年俸制と残業代の関係

年俸制を導入している場合、年俸制と残業の考え方が整理できていないことが【かなり】あります。 (続きを読む

(2009年8月13日)

社員が勝手に残業しても、残業代は支払うべきか?

私にはこんなご質問がよくあります。指示していない仕事を社員が勝手にしています。しかし、私用ではなく、仕事をしてはいます。こういう場合でも、残業代を支払うべきなのでしょうか? (続きを読む

(2009年8月 4日)

うつ病の社員が復帰する時の注意点

最初に、うつ病に関するデータをご紹介します。厚生労働省は3年毎にうつ病の患者数を調査しています。 (続きを読む

(2009年7月16日)

従業員が残業を拒否したら・・・

先日、ある社長と従業員がこんな会話をしたそうです。社長「この仕事は残業してでもやりなさい」 従業員「5時からは自分の時間だから、嫌です」 (続きを読む

(2008年12月18日)

労働時間になる時間、ならない時間

ある会社で始業前の掃除をしていました。すると、新入社員が「この時間は労働時間だから、残業代をもらわないとやらない」と言い出しました。 (続きを読む

(2008年10月30日)

社員の所持品検査、メールチェックの是非

ある会社で就業規則の作成をしている際、こんな質問がありました。「社員の所持品検査をしてもいいのでしょか?」 (続きを読む

(2008年7月31日)

労働基準監督署の調査が増えます

皆さんは4月1日に厚生労働省が出した通達をご存知ですか?これは「管理職の範囲」を明確にしたものです。最近、多くの会社で充分な権限の無い「名ばかり管理職」の問題がクローズアップされています。 (続きを読む

(2008年7月10日)

残業の基本的な考え方は?

皆さんは【正確な】残業代の計算方法をご存知ですか?言い換えれば、【正解な割増率】の計算方法ということです。 (続きを読む

(2008年7月 3日)

管理職は残業なし?

「マクドナルドの残業に関する判決」 今、この話題に関するご質問をたくさん頂きます。この判決は「店長は管理職かどうか」がポイントでした。 (続きを読む

(2008年2月 7日)

残業や休日出勤は勝手に命令できない

「残業や休日出勤は勝手に命令できない事」をご存知ですか。実は、これは労働基準法で決められているのです。 (続きを読む

(2008年1月24日)


労使トラブルのノウハウ一覧  |  就業規則のノウハウ一覧

無料でダウンロード

94%の会社が陥る
思わぬ組織の落とし穴!

『組織・人事の解決ノート』

組織・人事の解決ノート

下記にご入力頂ければ、無料レポートをお送り致します。

●お名前:

●メールアドレス:

解雇
社会保険
就業規則
労働時間
労使トラブル
その他
ノウハウを検索
弊社の運営するサイト


TOPお読み頂いた方の声お申し込みよくある質問事業理念事務所概要セミナー実績
ノウハウ |プライバシーポリシー特定商取引に関する法律に基づく表示

私はチーム・マイナス6%です

 

日本中央社会保険労務士事務所 社会保険労務士 内海正人

〒105-0003 東京都港区西新橋1-16-5 コニシビル4F
TEL 03-3539-3047 FAX 03-3539-3048
E-mail utsumi@j-central.jp